おでんの大根にだしを染み込ませる冷凍方法!お店味にする3つのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おでんの大根にだしを染み込ませるには冷凍!その方法は。お店のようなおでんにするコツを
カネテツさんが教えてくれました。

スポンサーリンク

おでんの大根にだしを染み込ませるには冷凍!

大阪のケーブルテレビで
おでんの本格風味になる
おいしい作り方を説明していたので

メモ。

カネテツがスポンサーだったみたいです。

お店みたいな関西おでんのつくり方のコツは3つ

お店っぽいおいしさにするコツは
下ごしらえと火加減です。

1 おでんの大根にだしを染み込ませるには冷凍

2㎝程度の厚さに輪切りにした大根に

隠し包丁を入れ、前日冷凍しておきます。
すると繊維がこわれてしみ込みやすくなります。

こんにゃくにも切れ目をいれて
水から弱火でゆでる。

2 できあがりまでずっと「弱火」

火加減が大切、とのことで、

弱火だと澄んだだしに仕上がるそうです。
まずだしに大根、ゆでたまご、こんにゃくをいれて20分。

その後、牛筋串を入れて20分。

3 練りものは煮すぎない

その後、練り物をいれて10分。

その際、「もちきんちゃく」は
大根から離していれましょう。

大根の酵素でもちがどろどろに溶けてしまうそうです。

仕上げにだし昆布をちらし入れてできあがり。

別の鍋でだしをかけながらトマトを弱火で煮ても美味しい。
ということでした。

やってみるべしですね。

スポンサーリンク