みかんとおでんの効果効能|白い筋の栄養は?【林修の今でしょ講座】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「林修の今でしょ」は健康特集でした。「みかん」と「おでん」で免疫力アップ。スゴイパワーに驚くばかりでした。特にみかん!果肉や白いすじに含まれる栄養とは。

スポンサーリンク

みかんの栄養を効果的にとるには一日3~4個

「白いすじ」で冷え性対策

みかんの白いすじにはポリフェノールである
「へスペリジン」を含んでいます。

「へスペリジン」は毛細血管を強くします。

また体温を高める効果がデータであります。

というわけで冷え性改善、免疫力アップできる、

ということでした。

「果肉」で骨粗しょう症対策

みかんの果肉には
「Bクリプトキサンチン」が豊富に含まれています。

これは
骨を破壊する細胞の働きを抑制する働きがある成分です。

またビタミンCもあるので骨の老化を防ぎます。

おすすめは

ミルク+みかん。

または

ヨーグルト+みかん。

乳製品はBクリプトキサンチンの吸収を促すので
より骨を強くします。

ヨーグルトでも可です。

驚きましたね。

しかしすでに

みかん=機能性表示食品

に指定されているそうです。

機能性表示食品、ということは
科学的根拠が国に認められているということですから

マジで骨にいいんですね。

みかんの皮で肥満予防

みかんの皮には「リモネン」が含まれていて
匂いを嗅ぐと交感神経を刺激、
空腹が抑えられるということです。

効果的な使い方は

網にミカンの皮を入れてお風呂に浮かべる。
でした。

スポンサーリンク

「おでん」で免疫力アップ

「ちくわ」でインフルエンザを防ぐ

ちくわの魚肉たんぱくが

免疫グロプリンを作ります。

免疫グロブリンは抵抗力の根源です。

ちくわ+じゃがいも で吸収力アップ。
ちくわ+ごはんでもOK。

「コンブ」でノロウイルスを防ぐ

口に入ると腸内で増えるノロウイルス。
コンブを食べると

「フコイダン」が腸内の免疫力をアップして
ノロウイルスをやっつけます。

「がんも」で小腸の免疫力アップ

大豆たんぱく+野菜が小腸にいいそうです。

まとめ

骨の健康には

カルシウム+みかん

インフルエンザ・ノロウイルス予防には

ちくわ+ジャガイモ+コンブ

という感じですね。

スポンサーリンク

ジョブチューン薬味スペシャル「九条ネギ」でマクロファージ活性化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加